×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大久保パリジャンリッチーちゃんのお笑いルーム

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.美内すずえ
2.Age
3.着信アリ
4.Ameba
5.ふじのはるか
6.藤井リナ
7.興信所
8.メッシ
9.ファラオ・サンダース
10.ツボ

ワーグナー:ニーベルングの指環 ハイライツ 全く同意見のみならず同経験のレビューが載ったので書かせてもらうことにした。ただLP18枚の初出のころは

当方貧乏高校生で、同じクラッシック好きの父親をそそのかしてLPを購入したところが違っているが。

すでに父がショルティの「ワルキューレ」を所有していたので、そう何枚も買うわけにいかなかったから

(当時(1970年代前半)の物価を考えると、やはり高かった)ちょうど1000円位でサンプル盤が出たのでそれで我慢した。

歌手もすばらしいし、今やこれだけの人材をそろえるのは不可能だと思うけれど、やはり特筆すべきはベームの指揮であろう。

ジークフリートのラインの旅等で音楽が高揚していく時の推進力のすばらしいこと!ややざらっとしているが

生々しい録音がかえってそれにふさわしい。

完訳 紫禁城の黄昏(上) (祥伝社黄金文庫) 『異文化コミュニケーション』に掲載された中山先生の論文を読んで完訳を買ったのです。ついでに中国のネット書店を検索してみれば、英語版もあるし中国語訳も出ているらしいです。多分、岩波文庫が出版された当時とは事情が変わったかもしれません。また、康有為は今でも中国で高く評価されている人物で、皇帝を擁護する有名人としてもよく知られています(この点でややマイナスに評価されているけど)。
復元 安土城―信長の理想と黄金の天主 (講談社選書メチエ) 安土城について深く知りたいと願い、同城研究の第一人者である内藤昌氏(名古屋工業大学名誉教授、愛知産業大学学長、元日本建築学会副会長)の著作にたどりつきました。内容は専門的で、史料も深く読みこなされており、歴史好きのアマチュアには歯が立たない専門書でしたが、それぞれの階層の柱の図面や復元図、当時の一級資料である信長公記の写本の系譜などの探り方を始め、実に丁寧な実証が重ねられておりました。

冒頭の口絵に、安土町城郭資料館の「安土城天主雛型」のカラー写真が数点掲載してあり、安土文芸の郷「信長の館」で復元してある五階内陣(セビリア万博に出展)など、確かなイメージをもたらす写真は有り難い配慮でした。第4章の後には、付表と付図が掲載してあり、天主台・本丸実測平面図や断面図、各階ごとの平面図、城全体の断面図、立面図が掲載してあり、幻の城の姿が目の前に現れたように思いました。

つい先日、映画『火天の城』を観て、より深く安土城のことを知りたい、それを率いた御大工棟梁の熱田大工岡部又右衛門について知りたい、という思いから最後まで読了しました。映画よりずっと深い記述の連続でしたので、理解が付いていかない箇所もありましたが。64ページに詳しく書かれていましたが、岡部は、織田家のテクノクラートとして信長と終始行動し、天正10年の本能寺の変では、岡部父子も討死している、と書かれていました。劇的な最期を迎えたのを今回知りました。まさしく戦国の世ですね。

内容です。1 城の歴史相、2 安土城の編年、3 造営関係者、4 復元の史料、5 天主の復元、6 新時代の造形。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!