i-mobile
石田画伯た~くんのむっちり動画倉庫

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ガジェット
2.後藤彩
3.オリバー!
4.神宮寺三郎
5.Yak-1
6.スーパーマリオ ヨッシーアイランド
7.アストロ球団
8.麿赤兒
9.江國香織
10.信長の野望 戦国群雄伝

ハケンの品格 (デザートコミックス) ドラマの大前春子の痛快さが大好きだったので、内容的には正直なところ物足りないな、という感が強めでした。
主人公が美雪になっている点は、気にならなかったのですが、ドラマの春子と東海林のやりとりが好きだったので、それが丸ごと無いのは残念。
ドラマを知らない状態で読めば結構奥が深くおお・・・!と思える作品だったかな、と。
個人的には読みきりの恋愛依存症が面白いな、と感じました。

ハケンの品格 DVD-BOX ドラマは選り好みが激しいんですが、このドラマは毎回楽しめました。
いや、荒唐無稽というか、こんな何でもかんでも出来ちゃう派遣なんかいないだろう!って感じなんですが、それが意外と楽しめた。
このドラマを観るまで、小泉孝太郎を役者としては評価してなかったんですが、「割と良いじゃん」と思えました。
仕事バリバリで野心家的な役柄の大泉さんとの、性格の違うコンビというのが上手くいってます。
派遣社員VS正社員という括りで語られがちですが、本来伝えたいテーマというのは、スーパー派遣とはいかないまでも、会社や社会や自分に甘えず、スキルを上げて、『自分がどういう仕事をし、どう生活していきたいか』というポリシーをしっかり持っていくことが大事だ・・・ということではなかったかと思います。
毎回社内で巻き起こる問題をコミカルな味付けで解決して行きますが、「仕事をする者の意識とは」という問題提起がなされてると思う。
大前ハルコさんのようなポリシーとスキルを持った派遣さんがいるとしたら、
たぶん100年に一度の(マスコミの表現が正しいんだとしたら)大不況だろうが1000年に一度のギガ不況だろうが、颯爽と生き残っていくだろう。
あまり表情も無く黙々と仕事をこなして行く大前さんが時折見せる微笑みとか、結構印象的です。
難を言えばキャラクターが現実離れし過ぎちゃったかな・・というところ(コメディー風味なんだし、そこはあまり厳しく観ませんが)

ベスト・ヒット!日テレ55 [日テレ・スタンダード] 本盤は日テレオリジナルの楽曲、特にバラエティ番組が多いのが特徴です。
古い曲の「ゲバゲバ90分」や「11PM」が、このようにフルで聴けるのは新鮮です。
そしてビートたけし&松方弘樹の「I'll Be Back Again・・・いつかは」は涙モノの収録です。
バラエティで惜しむらくは「笑点」が未収録なことでしょうかね。
ドラマ主題歌ですが、中村雅俊や水谷豊は日テレドラマの主題歌が結構多いので、選曲に悩むところだったでしょうが、今作は無難な線だと思います。欲を言えば「時代遅れの恋人たち」もあったら嬉しかった。
他には、ニュースや情報番組のオープニング曲など、日テレオリジナルで、他ではCD化などされない音源が沢山収録されているのが嬉しいです。
個人的には、ダイアモンド☆ユカイの「深イイ話オープニングテーマ」がお目当てでした。
選曲もなかなか良くて、ナビゲーターを務めてくれた、脊山麻理子アナも好きなのでこの[スタンダード]が一番です。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!