ティファニーで朝食を ランキング!

ティファニーで朝食を AIKOSHA NETWORK ブラ&ショーツ + Tバックのセット商品 下着 ブラ&ショーツ + Tバックのセット商品 下着 刺繍 モールドカップ 3/4カップ 紐ショーツ 上下セット 女性に嬉しい下着シリーズ

ちょっと思っていたより小さかったですがバロメーターになるって思ってます^^ありがとうございました♪ AIKOSHA NETWORK ブラ&ショーツ + Tバックのセット商品 下着 ブラ&ショーツ + Tバックのセット商品 下着 刺繍 モールドカップ 3/4カップ 紐ショーツ 上下セット 女性に嬉しい下着シリーズ 関連情報

ティファニーで朝食を ティファニーで朝食を [DVD]

オードリー・ヘップバーンの気品ある美しい姿とジヴァンシー・デザインのステキな衣装を堪能できる映画です。もう半世紀前の作品になりました。朝のニューヨーク五番街、タクシーをおりてティファニーのウィンドウの前で、袋からデーニッシュをかじるシーンはとても印象的です。ジヴァンシーのイブニングドレスや大きな黒のサングラスのホリー・ゴライトリーという役柄はオードリーにぴったりで、原作者トルーマン・カポーティ推薦のマリリン・モンローなら全く違った作品になったことでしょう。狂言回しのように、赤茶色のが時折重要な役割を演じていますが、ホリーの生き方がのように自由で気ままですから、それも表現しているようです。オードリーは華麗で奔放なだけでなく、どこか不安で頼りなげなホリーという女性を上手く演じ切っていました。富の象徴のようなティファニーに憧れるホリーにとってラストは別の価値観の大切さを受け入れる象徴的なシーンでした。アメリカン・トラッド姿が絵になるジョージ・ペパードをはじめ、共演者たちもステキでしたが、特に変な日本人カメラマンのユニオシ役のミッキー・ルーニーは怪演でした。ジュディ・ガーランドと人気子役としてコンビを組んだこと、1939年にアカデミー賞特別賞を受賞し、エヴァ・ガードナーと結婚し、生涯で8回の結婚生活を送るという凄い俳優です。オードリーの魅力を堪能し、1960年頃のニューヨーカーの生活ぶりをうかがえる魅力的な映画です。甘いラブ・コメディですし、パーティーのシーンはある意味、おふざけで挿入したのではと思いますが、『ムーン・リヴァー』を切々と歌うオードリーの姿はなにより魅力的でした。 ティファニーで朝食を [DVD] 関連情報

ティファニーで朝食を ティファニーで朝食を [Blu-ray]

この映画はやはり映画史に残る名作、オードリー・へプバーンの美しさ、ゴージャスさも例えようがありませんが、それがこれほど高画質にレストアされて蘇ったことは素直に嬉しいですね。今までBS放送などでもオードリー・へプバーンをハイビジョンで観る機会は何度かありましたが、こんなに高画質で彼女を見たのは初めてです。100インチのスクリーンに拡大しても画の破たんは全くなく精細感は維持され、細部までしっかりと描写されています。色の濁りも極限まで除かれてるので色の純度が高く、本当に美しい画面です。いくつかあるオードリーへプバーンのBD作品の中でもナンバー1の画質と言っていいですね。こういった古い名作を美しく蘇らせるブルーレイって、本当に素晴らしいものですね。 ティファニーで朝食を [Blu-ray] 関連情報

ティファニーで朝食を ティファニーで朝食を (新潮文庫)

カポーティの短編の巧みさと独特の雰囲気に目を見張った僕は、改めて「ティファニー」をオリジナルテキストと共に読み返してみよう、と思っていた矢先に、本書が出版された。さっそく買ってきて、1968年にやはり新潮社から出版された龍口直太郎訳「ティファニー」と読み比べてみた。龍口訳も本書も、表題作以外に全く同じ短編が3作収められている。「花盛りの家」「ダイアモンドのギター」「クリスマスの思い出」である。これらを読み比べて改めて感じたのは、村上さんがかねがねおっしゃっている「翻訳の賞味期限」ということ。原作が名著と呼ばれるものであればオリジナルテキストに賞味期限はないが、翻訳の方はそれが訳された時代々々の社会を反映したコトバで訳されているためか、そこにどうしても賞味期限といったものが生じると。本書と龍口訳を読み比べて、少なからずそれを感じた。龍口氏は、1903年生まれ。「戦後日本に米文学を紹介した」とあっていわば「大御所」である。その龍口訳のある意味古色蒼然たる訳文は、地の文においては格調高くカッコいいのだが会話文においてはなんとも違和感が出てくる。ホリー・ゴライトリーやその友人のマグなど個性的で(少なくとも表面的には)都会的な若い女性たちが出てくるシーンで「こちとら」だの「やっこさん」だのというコトバが発せられるとねぇ。日活の「渡り鳥シリーズ」じゃないんだから。その点村上訳の会話は実に現代的でクールである。また、地の文においても龍口訳では米国の学制に対する認識不足や社会的なスタンスの違いによるとみられる咀嚼の甘い訳などが見られたのに対し、村上訳はそのあたりをスッキリとクリアしている。このあたりはいずれも龍口氏の力量というのではなく、翻訳当時の日本社会のありよう、もしくは米国社会との距離感によるものだとおもう。おそらく、いかに「大御所」による名訳とはいっても賞味期限が来つつあるのだろう。とはいえ、村上訳が全ての面で良かったか、というとそういうワケでもなく、常々原文に忠実に、訳者の色を消して、とおっしゃっている(「翻訳夜話」にそんなくだりがあった)村上さんの訳文にしては、「というか」なんていう村上作品に頻出する「ムラカミ語」が散見されたりして、なんだかなぁ、と思ったりもした。格調の高さでは龍口訳に軍配が上がり、とくにそれは「ティファニー」以外の3作においてあてはまる。この3作には賞味期限を感じさせる違和感が少ないのである。翻訳時期だけではなく素材や舞台設定など、作品との相性といった部分も賞味期限に影響してくるのだろう。ともあれ、カポーティの名著(個人的にはこれがカポーティの最高傑作だとは思いませんが)。どちらの訳本でも、一度お読みになっても良いんではないでしょうか。 ティファニーで朝食を (新潮文庫) 関連情報

ティファニーで朝食を ティファニーで朝食を【字幕版】 [VHS]

あまりにも有名なヘップバーンの代表作。原作と読み比べると面白いと思います。明け方のニューヨークの街、ティファニー宝石店の前でパンをかじる冒頭のシーンは映画のオリジナルで、小説では「たとえティファニーで朝食をとるような身分になっても、自我だけは捨てたくないわ。」というヒロインのセリフが出てくるだけ。ラストも映画とは違って、かなりドライな結末を迎える。原作はヒロインを通して人間の自我と言うものを見つめたシリアスな内容ですが、60年代のハリウッドマジックによって、洗練されたロマンティックな映画に仕上がっています。今見ると多少の古さを感じるものの、ティファニーをはじめとするグレイハウンドのバス停や、セントラルパークなどのニューヨークのロケーションの素晴らしさもさることながら、「キャット」というやインクリボンなど小道具の使い方もおしゃれでした。その中でとりわけ粋なのは、クラッカージャックという水兵か何かの絵がついた、キャラメルをからめたポップコーンのお菓子についてきたおまけの指輪に、ティファニーで名前を彫らせるエピソードです。日本でいうグリコのおまけみたいなものでしょうか?よく考えると結構きわどい話なのに、それを感じさせないのは、ヘンリー・マンシーニの音楽と、何よりもヘップバーンのキュートな魅力のおかげでしょう。彼女の美しさが絶頂にあった時期に、作られるべくして作られた名作だと思います。 ティファニーで朝食を【字幕版】 [VHS] 関連情報




Loading...


ここを友達に教える