HALLOWEEN ランキング!

HALLOWEEN ハロウィン BD [Blu-ray]

画質、音質ともに申し分ありません。嬉しいのは、多分昔、テレビの地上波で流す時に使用されたのであろう、吹替音源が収録されていることです。このデイスクのために制作されたものでないことは、ほんの一カ所だけ(一分か三十秒くらい)、英語音声になることからも明らかです。もう少し安価で発売されているエクステンデイット・ヴァージョンは、新たな追加シーンはあるものの(アメリカ国内の某テレビ局がハロウィンを放映するに当たり、暴力的なシーンをカットする代わりに、穴埋めになるシーンの追加撮影をカーペンターに要求。当時、ハロウィンⅡの撮影のため、イギリスからドナルド・プレザンスが渡米しており、実現したもの。物語の冒頭で、マイケル・マイヤーズの危険性を強硬に主張し、病院側に却下されたサム・ルーミス医師が憤然と席を蹴立てて、退室するというシーン。ただし、このシーンのプレザンスは名演)、マイケルが被害者を殺害する決定的なシーンが削除されているため、何か腑に落ちない印象になっています。このエクステンデイット・ヴァージョンですが、監督のカーペンター曰く、「あんなもの観たって、どうにもならんよ」と、かなり冷淡なコメントを残しています。僕はこの別ヴァージョンを否定するものではありませんが、そちらを手にするのはやはり、本ヴァージョンを入手されてからにするべきだと思います。ハロウィンは、僕のようにリアルタイムでこの作品を観た世代にとって忘れがたい印象を残した作品で、後日談のⅡ、別ストーリーのⅢ、そしてⅡの続編、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵと連作されて行くホラー映画の名シリーズで、私より年上の、団塊の世代の映画ファンにとっての、ハマープロの吸血鬼ドラキュラシリーズのようなものです。ハマープロのファンにとってのピーター・カッシングが、僕ら世代のドナルド・プレザンスということでしょうか。これら続編もブルーレイ化、DVD化されていますので、購入したいと思っています。 ハロウィン BD [Blu-ray] 関連情報

HALLOWEEN 12時の鐘とシンデレラ ~Halloween Wedding~・イメージアルバム

『0時の鐘とシンデレラ』を購入し、レイナルドが好きになり、彼のテーマソングが欲しくて購入しました。本当は0時~のイメージアルバムがあればそちらを購入してるのですが、何故か?0時だけなく。。。音楽は、一番下の妹のイメージアルバムなので、アップテンポな曲、という感じでしょうか。攻略相手のテーマソングは、それぞれイメージに合った音楽だと思います。逆に0時はこちらと違い、大人~を感じさせる音楽が多かったので、可能なら、そのイメージアルバムも購入したいです。出たら、即買い、なんですが、、、きっと、出ない、でしょうね。。。(涙)アスティンのテーマソングも欲しいです(願) 12時の鐘とシンデレラ ~Halloween Wedding~・イメージアルバム 関連情報

HALLOWEEN Halloween Is...

少し難しい単語がありましたが、ハロウィンの起源や、どのように祝うのかなど見開きページで紹介してあり、子供たちへのハロウィンの紹介にとてもよかったです。これでCDなどの音源がついていればありがたいです。 Halloween Is... 関連情報

HALLOWEEN Halloween [VHS] [Import]

姉殺しの罪で精神病院送りになった少年が15年後のハロウィンの夜、脱走を図る。そして、そのハロウィンの夜「ブギーマン」の恐怖と共に無差別殺人が始まる・・・この映画がいまだにDVD化されていないのが不思議です。殺人鬼の視点で撮る一人称カメラはこの作品が発端といわれ、まさに80年代、90年代のホラー映画の原点と言える作品です。当時、「要塞警察」の成功で注目されていたカーペンター監督が、ホラー映画の見せ方にこだわって作ったのが本作「ハロウィン」。そしてこの映画の登場後、「13日の金曜日」をはじめとする多くの殺人鬼ものの亜流映画が生まれました。しかし、特殊メイク等の道具立てによる恐怖に頼らず、その執拗な演出だけで恐怖を味わせてくれた本作が、いかなる亜流作品よりも優れているのは間違いのない事実です。追い、追い詰め、そして殺る。殺人鬼の視点から被害者の視点へ、そしてまた殺人鬼の視点へ。この執拗な演出により、この作品を当時映画館で見た私は、しばらくブギーマンの悪夢に毎晩うなされたものです。当時のホラー映画の風潮にとらわれず、独自の観点で恐怖を演出してみせたカーペンター監督。彼はこの作品でホラー映画に“殺人鬼もの”という新たなジャンルを作り上げました。まさにホラー映画の金字塔と呼ぶにふさわしい大傑作です。 Halloween [VHS] [Import] 関連情報

HALLOWEEN マイ・ヴィンテージ・ハロウィン

ハロウィン生まれだから、自分のことを知るきっかけで読みました。余計にこの日に生まれたことを喜べるようになりました。フルカラーで、かわいく、深い内容もあり、よくわかります。 マイ・ヴィンテージ・ハロウィン 関連情報




Loading...


ここを友達に教える