ヒンダー ランキング!

ヒンダー 原節子 十六歳 ~新しき土~ [DVD]

迅速、的確に送付を頂き、異常なく受領いたしました。有り難う御座いました。 原節子 十六歳 ~新しき土~ [DVD] 関連情報

ヒンダー ウェルカム・トゥ・ザ・フリークショー

アメリカのハードロックバンド“HINDER”の4枚目となるニューアルバムだ。今作は前作よりもやや大人しめになった印象で、バラードが相変わらず多めに構成されている。#3のパワーバラードはこのアルバム随一の名曲だし、(個人的に)#5、6、10のバラードはしっとりと胸に染み入る美しいナンバーだ。また、#7のようなポップなロックナンバーや#8のドラマティックなバラードナンバー、#1、2、4、9、11のハードなナンバーも充実。なかなかの出来栄えだが、今ひとつ盛り上がりにかけるのはバラードが多いせいか?個人的にはバラード好きだから良いんだけどね(笑) ウェルカム・トゥ・ザ・フリークショー 関連情報

ヒンダー 新しき土 [DVD]

1937年公開作品、ドイツの名監督アーノルド ファンクを迎え、日本が始めてドイツと共同で制作をした映画としても有名、名家の養子となった輝雄はドイツに留学の後、名家の令嬢である光子と結婚をする事となっていた、光子はその日を楽しみに花道にお茶に礼儀作法にドイツ語と己を磨き続けたが、ドイツの軍国主義や自由思想に取り付かれ、日本に帰国をした輝夫には、貞淑で従順な日本女性の光子はもはや、魅力的な女性とは写らなかった、名家の令嬢を演じた当時、16歳の女優、原節子はとても初々しく美しい、時間の流れ、画面の移り変わりなど評価できる部分もあるが、作品自体は名作とは言いがたい感がある、だが、女優の原節子のファンならば、鑑賞する価値はあるだろう。 新しき土 [DVD] 関連情報

ヒンダー 原節子 十六歳 ~新しき土~ [DVD]

ナチスドイツのもと製作された日独合作映画。日本側の伊丹万作監督と、ドイツ側のアーノルド・ファンクでは上手くいくはずもなく(片方はドラマ、片方は山岳映画の専門なので)、日独ともに評判にはなりませんでした。ナチスの宣伝相ゲッペルスは「あまりに長すぎて、途中でフィルムを切ってしまいたい」といったくらいの出来です。見どころは早川雪洲の戦前最後の勇姿が見られる(このあとのフランス時代作品は1本もソフト化されてません)ことと、原節子の可憐さでしょうか。なお、主演はナチスからも請われた雪洲です。 原節子 十六歳 ~新しき土~ [DVD] 関連情報

ヒンダー オール・アメリカン・ナイトメア~デラックス・エディション(DVD付)

 90年代初頭、クランジ、オルナタロックのブレイクのより、正統派アメリカンロックは次第に勢力を失っていったが、00年代中半頃から勢いを取り戻し始め、今となってはトレンディな音楽といえるほどまでに回復した。その立役者のひとつが今回紹介するヒンダーである。無論ヒンダーだけではなく、先輩格のバック チェリーや、セヴィング エイベル、ブラック ストーン チェリーなども正統派アメリカンロックの復権に貢献したのだが、やはりヒンダーとバック チェリーの貢献が大きいと見られる。またポストクランジとまでいわれたニッケルバックも00年代中半以降から正統派アメリカンロック要素を色濃く出すなども影響しているものと思われる。残念ながら日本ではバックチェリー以外は話題にならず、ヒンダーもそうだが過小評価状態であり、90年代中半以降の洋楽ロック低迷期がいまだに続いており、00年代末以降はさらに深刻化しているのが現状で、最近バックチェリーの失速し始め、ニッケルバックも欧米と比べれば過小評価であるし、もはや日本のロックシーンは瀕死状態にあるといっても過言ではない。話がそれたがヒンダーがどれだけアメリカで人気があるのかを言うと、ファーストアルバムがロングセラーを記録し、トータルで300万枚以上のセールスを記録し、現時点で4作リリースされているが、どれも全米チャートTOP10入りを果たしていることを考えると絶大な人気を誇っていることがわかる。今回紹介する作品はヒンダーの通算3枚目となるアルバムだ。 まず本作に触れる前にヒンダーの音楽性に触れてみると、80年代にブレイクしたモトリークルーを彷彿させるようなバッドボーイロックサウンドで、それにクランジ要素を付け加えたような骨太アメリカンロックサウンドで、まさに90年代以降本来進むべき炉億スタイルを見事体現したようなロックサウンドというにふさわしく、アメリカで話題になって当然のような音楽要素といえる。無論本作もそういった音楽要素であり、またカントリーやブルース要素を若干付け加えたようなサウンドで、まさにアメリカンロックらしい要素が色濃く出ているといえる。オープニングを飾る骨太ロックナンバーの(1)の時点で本作の流れを予測させてくれるようなスケールあふれるナンバーで、タイトルトラックの(2)は本作の中では最もテンションが高いアメリカンロックナンバーで、アメリカンロック好きにはたまらないナンバーといえるだろう。(6)(8)あたりはダイナミックな骨太アメリカンロックナンバーで、パワーバラードの(7)も聴き応えも抜群だ。オリジナル版のラストを飾るカントリータッチなパワーバラードの(10)は少し激しさを感じながらも、カントリー要素があるためか、ある意味癒しを与えてくれのかのようなバラードで、もしやアメリカ人はこういった音楽が心を癒してくれているのかと思わせる。とにかく全体的にアメリカンチックな音楽要素が色濃く出ており、アメリカンロック好きにはたまらない内容といえるが、日本人が癒しといえるような音楽が好きなリスナーにはお勧めしづらいかも知れない(個人的には日本人の癒しと思われる音楽は基本的苦手か嫌いである。)がそう言った者はアメリカンロックのすばらしさを理解できぬと思う。yはり本作はアメリカンロック好きはもちろんのこと、モトリークルーが好きなロックフリークであれば一度でもいいから聴いてみるべきだ。 ところで実はヒンダーはフェスではあるが一度来日公演を行っておるが、フルの公演が一度も行われていないので、一度でもいいから観てみたいものだ。 オール・アメリカン・ナイトメア~デラックス・エディション(DVD付) 関連情報




Loading...


ここを友達に教える